ダポキセチンの成分を含む薬「ポゼット」

ダポキセチンの服用方法について

ダポキセチンは早漏治療薬の成分として有名で、ダポキセチンはSSRI、いわゆるセロトニン再取り込み阻害薬に区分することが可能です。
脳内神経伝達物質であるセロトニンの再吸収を阻止することによってセロトニン濃度を高めることができ、ノルアドレナリンの分泌を抑えることができます。
脳の過剰な興奮を抑制することができ射精時間を延長することが可能です。

ダポキセチンは他のSSRIの種類と比較すると、射精中枢に作用し脳内セロトニン濃度をかなりアップすることができる特徴があります。
ダポキセチンは世界で最初の服用型早漏治療薬で、製造販売されから高い評判や評価を得ています。

ダポキセチンが登場する以前は例えば早漏防止法や早漏改善法などであるセマンズ法やスクィーズ法などトレーニングを行っていたり、局所麻酔薬のスプレーなどで感度を低下させていました。
人によっては包茎治療などが行われていましたが、現在ではトレーニングや包茎手術による早漏治療よりも医薬品を利用した方法が普及しています。
早漏治療の標準治療としてダポキセチンは人気があり、ダポキセチンは短時間で作用するSSRIです。

服用方法として性行為の前の1~3時間に服用すると、1~3時間ぐらいで最高血中濃度に達することができます。
効果持続時間は4~5時間あり、通常ダポキセチンを30mg服用しますが、重篤な副作用などの報告がないので60mg錠で治療をスタートすることが多くあります。
効果が不十分なら90mgまで飲むことができるので便利です。

ダポキセチンは性行為前に1日2回まで飲むことができ、服用方法として薬が溶けやすいよう水やぬるま湯などで服用することをおすすめします。
ダポキセチンはあまり食事の影響を受けないので基本的にいつ服用しても大丈夫ですが、ED治療薬と併用する場合空腹時に服用した方が効果を発揮することが可能です。
局所麻酔薬のスプレーは作用機序が異なるので併用できます。

ダポキセチンは根本的な早漏治療薬ではない

ダポキセチンの服用方法をよく把握し、効果的に使用しないと十分な薬の効果を受けることはできません。
ダポキセチンは性行為前の3時間くらいから1時間前までに飲んでおくと効果を実感することが可能です。
血中濃度は服用後してから1時間ぐらいでピークに達することができ、初めての人はダポキセチンの血中濃度が最も高くなる性行為前の1時間がおすすめです。

人によってタイミングが異なるので何度か試しながら飲むタイミングを探すと良いでしょう。
食事による影響は比較的受けにくいので、服用方法としては食前や食間は意識せずに飲むことが可能です。
尚、アルコールと一緒に飲むことは控えた方が無難です。

性行為前にアルコールの力を借りたい人もいるでしょうが、アルコールと一緒に服用すると血管や心臓などに負担がかかることがあり不整脈などを引き起こす可能性があります。
ダポキセチン成分は血管拡張を促進することに関係していて、不整脈の他には低血圧を引き起こす人もいるでしょう。
血圧を調整する医薬品を飲んでいるなら注意が必要で、影響を避けるのに24時間以内60mg以上服用しないようにする必要があります。

血中濃度は服用した後1時間30分ぐらい経過すると半減します。
基本的に24時間過ぎなければ体から成分が排出されず残っています。
続けて服用すると血中濃度の高まり、更に不整脈や低血圧などを起きやすくするので危険です。

服用方法は一般的な目安なので自己判断で薬を半錠追加すると、低血圧などの症状が現れるケースがあります。
ダポキセチンは副作用が少ないと言われていて、飲みやすい医薬品です。
半減期に注意しながら服用すると安心・安全に飲むことができます。
起きうる副作用には吐き気やめまい、頭痛や下痢などがあり、副作用を避けるため24時間以内に必要以上の服用は避けることをおすすめします。